脱毛クリニックの脱毛方法について

今でこそレーザー脱毛が主流になっている脱毛クリニックですが、しばらく前までは電気脱毛がほとんどでした。電気脱毛は、絶縁電気針というものを使って、毛の根元に針を刺し込むというちょっと痛そうな施術をする脱毛方法です。

医療レーザー脱毛を沖縄で情報選びをサポートするサイトです。

電気絶縁針は、電気を通すと先端が発熱する仕組みになっています。この針を毛の根元に刺し込んで電気を通しますと、熱によって毛の根元にある細胞が壊れます。

この部分の細胞が壊れますと毛の成長ができなくなって脱毛できるわけです。

快適な暮らしを実現するためのT-SITE情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

ただ、この電気を通した時の痛みは、針を刺した時の痛みより何倍も強く、ほとんどの人が麻酔をして施術を受けていました。そして、この麻酔の費用は、脱毛料金に含まれていませんので、電気脱毛を1回施術しますと結構お金がかかったものです。その他に、絶縁電気針も施術を受ける人ごとに専用の物を使いますので、その費用もかかり、結局、電気脱毛は、永久脱毛できるほど効果的にもかかわらず、かなりの出費を覚悟しないとできませんでした。

ところが、2000年に入った頃から、脱毛クリニックでは、医療用のレーザーを使うレーザー脱毛を行うところが増えてきました。



レーザー脱毛は、毛の根元にレーザーを照射して、その時に発生する熱で、毛の根元の細胞を壊します。

この方法でもレーザーを照射した時に痛みを感じますが、それは、乾燥した冬によくある静電気による痛み程度ですから、施術中に麻酔をする人はほとんどいません。
そして、レーザー脱毛は、電気脱毛より料金が安く、脱毛効果も高いので、今では、ほとんどの脱毛クリニックで、この脱毛方法を採用しています。