事業を加速させる担保融資

起業や事業の拡大など多大な資金の調達が必要となることがあります。

地道にこつこつと資金繰りを遣り繰りするのでは、あまりにも月日が掛かりすぎて成果に結び付かないことがあります。事業にスピード感を持たせるためにも、まとまった資金の調達を金融機関に依頼しましょう。ただ金融機関から融資を受けるには、一定の信用が必要になります。もし万が一、債務者が返済できないような事態に陥ると、融資は戻ってこなくなります。そこで金融機関が安全に融資をするために取られる方策が担保融資です。

債務者から融資に見合うだけの担保を取ることで、返済が滞ったとしても金融機関が損失をしなくてもいい手堅い仕組みです。一般に担保融資には、資産価値が査定しやすく、万が一の時に市場で売買のしやすい不動産がよく用いられます。その他にも担保融資には自動車や銀行の預金、それに証券や生命保険など換金性の高いものが用いられます。おそらく個人事業者であっても、金融機関に預けることのできる担保は手持ちであることでしょう。

担保融資は何らかの換金性のあるものを金融機関に預けることで、資金調達をスムーズにすることができます。その反面、もし返済が滞った場合には担保に入れたものを失うことになるので十分に注意が必要になります。事業を加速させるために担保融資は計画的に用いられるととても有効ですが、反面、財産の一部を損なうリスクもあるので、その場の勢いで決断しないようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *