担保融資とはどういったものか

担保融資とは不動産や土地などを担保にしてお金を借りることを言います。

もし、お金を返すことが出来なければ担保は没収されてしまうことになります。お金を借りるときには何も担保に入れることなく、借りられるケースもあります。これを無担保融資と言います。お金を貸す側である金融機関では万が一お金が返ってこなかった場合、何も取り戻すことが出来ません。それゆえに無担保融資の場合は借りられるお金が少なめに設定されます。

それに対して担保融資の場合は担保があることにより、もしお金が返ってこなくても担保を売却することでいくらかは取り戻すことが出来ます。それゆえに担保融資の場合は少し高額な借入も認められることがあります。加えて金利も低めに抑えられるというケースも少なくありません。借り手としては少しリスクもありますが、リターンも大きくなるということです。そもそもお金を借りる際には返すことが前提となります。最初から返すつもりがない状態で借りる方は基本的にいません。

それゆえに担保を用意すること自体はそれほど問題と考えない方もいます。この融資方法が特に生かされるのが企業の経営の際です。企業はオフィスなど不動産を持っているので、そこを担保にして融資を受けるというケースがあります。その場合は返済が出来なかったときに倒産という形になります。安易には行えませんが、1つの手法として検討してみることは選択肢に含まれるといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *