不動産担保融資について

不動産担保融資は、自分が所有している不動産を担保にして、金融機関からお金を借りることです。

日本では、不動に高い価値があると考えられていて、もちろん金融機関もそう思っています。借りる人が安定した収入を得られない状態だとしても、不動産に価値があれば金融機関は融資してくれることが少なくないです。一般的に不動産担保融資は融資まで1週間以上かかることが少なくないと言われています。そのため、この融資方法を利用する場合、お金が必要になる日よりできれば数か月前に、金融機関に相談した方がいいでしょう。

迅速なサービス対応を売りにしている金融機関もあり、正式申込みをする前に行う事前審査の結果を、最短で翌営業日までにお客に伝える所もあります。不動産担保融資を受ける際に担保にする不動産は、親族が持っている家や建物でも大丈夫とする、金融機関も存在します。ただ、その場合親族は連帯保証人になることを求められることもあります。連帯保証人は、借りたお金が返せなくなると迷惑をかけてしまうことがあるので、良く話あって決めた方がいいでしょう。

金利を不動産担保融資では支払うことになります。担保がない融資方法よりは一般的に金利は低いですが、それでも年数パーセントの程度の金利になります。借りる額が大きいと、金利の負担も相当なものになってしまいます。ただ、繰上げ返済ができるので、金利の負担を軽くすることもできます。繰上げ返済をした場合の手数料が無料で対応している金融機関もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *