担保融資の特徴や対象物とは

担保融資とは債務者が債権者に対して何らかのモノやサービスの権利を提供し、債務不履行となったケースにおいては法の定めに基づいて、提供されたモノの処分・現金化等の権限を認める事によって信用力の創造を行い、この信用力に基づいた金額の融資を行う手法の事です。

担保融資は介在するモノとなる担保を設定しないケースと比較して、長期的で低金利且つ、高額の融資枠が設定され易いという特徴があります。不動産購入等の高額な資金準備や、事業資金の調達に使われる事が多い手法となっています。担保融資においては、提供される担保については換金性が高く、且つ相応の市場価値が認められるモノである事が必要という特徴があります。

この観点から活用の事例として多いのは自動車や不動産が該当し、不動産購入に関しては当該する不動産自体に抵当権を設定して担保とするケースも良く見受けられます。また意外なところでは、特許・商標・意匠といった知的財産権も、担保として扱われる事が多いです。一定期間における安定した収入原資と考えられるケースが多く、担保の適正も高いモノとなっています。個人の融資では無く、事業者の資金準備に使われる事が多いと言えます。

また事業者に関しては、商品在庫を担保に設定するケースも見られます。活用の幅が広く高額資金準備も行い易い担保融資ですが、債務不履行となった場合には担保となったモノに対する権利を失った上で、信用力の低下をも齎すという側面も有しています。飽くまでも必要な範囲で、計画的な利用を行う事が重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *