ファクタリング業者を比較する

ファクタリングとは企業が持っている売掛金債権を売却して支払い期日前に現金化する仕組みのことです。

業者と利用者だけ構成される2社間取引と、売掛先の承諾を必要とする3社間取引があります。2社間と3社間を比較すると、それぞれに異なるメリットが存在します。業者は支払い期日前に売掛金債権を引き受ける代償として手数料を請求します。手数料は2社間だと債権額の10%から30%ほどですが、3社間の場合は5%から10%とされています。ファクタリング業者を比較する場合は、サービス内容と手数料に注意する必要があります。

売掛金債権の譲渡は金銭消費貸借契約ではないので利息制限法の適用を受けません。手数料に法的な制限がないため業者によって違いが存在します。各業者の手数料だけでなく、過去の実績なども十分比較検討することが大切です。スムーズに資金調達を行うためには、信頼できる業者を選ぶ必要があります。

2社間で行われるファクタリングは利用者が債務者から支払いを受け、さらに業者に支払わなければなりません。最終的なリスクを業者が背負うことになるため手数料が高めに設定されるのが通常です。また審査は3社間の場合と比較してやや厳しく行われる傾向があります。ただし2社間の場合は売掛先への通知が不要というメリットが存在します。3社間で取引を行う場合には売掛先への通知が必要ですが手数料が安くなります。審査は比較的緩やかに行われるので、容易に資金調達ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *