ファクタリングをする時にはよく比較しよう

ファクタリングは昨今注目されている売掛債権による資金調達方法で、早期に売掛債権を資金化することができる方法として利用する人も増えています。

ファクタリングでは、サービスを提供する会社に売掛債権を譲渡して買取してもらいます。その時点で資金化ができるという方法になります。こうしたファクタリングは今ある債権だけでなく、将来の債権も取り扱いされるという点が特徴の一つです。しかし、こうしたサービスを提供している会社によって、買取額は異なっていますので、よく比較して少しでも高く買い取りをしてもらえるところを選ぶということがポイントです。

ファクタリングをする際には、買取額だけでなく、資金化までの期間も比較しておくようにしましょう。そして、期間ができるだけ短いところを選ぶのが便利です。この資金調達方法には2社間と3社間という2種類の方法があります。2社間で行う場合には、売掛債権元に通知するという必要がないため資金化までの期間も短いという特徴があります。それに対して、3社間で行う場合には売掛債権元に通知して了承を得てから資金化が行われます。

しかし、2社間ファクタリングは3社間に比べると買取額が低めに設定されるという特徴があり、どちらの方法がよりよいのかという点についてもよく比較検討してから実施するということが重要です。このように、この方法は売掛債権の早期の資金化を図れるといったメリットがあって昨今利用も増えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *