ファクタリング業者の比較

ファクタリングは売掛債権を買い取るサービスを行っている業者のことを指しますが、このファクタリングの分野には貸金業者が参入しており、またサービスにそれぞれに特徴があります。

比較ポイントとしては、審査基準、対応速度、小口対応、資金繰り改善、手数料、個人事業主といったものが考えられるものです。ファクタリングは買い取るサービスですが、その売掛債権の金額が支払われるかが審査されます。基本的には売掛先の信用調査といったもので、信用力に問題がなければ利用可能であり、また売掛債権は必ず支払われるものですから、たいていは審査が早いものです。

一方で比較するさいにもっとも気になるのが手数料や利用できる金額、会社の信用力などになります。ファクタリングの手数料は、お金を借りるのと比較すると極めて高いものです。安いところでも5%からとしており、これは1000万円の売掛債権であれば50万円が手数料として差し引かれます。このため融資を受けるのと比べると実質的に出ていくお金の金額は多くなります。

また小口に対応しているかも比較ポイントで、必要なだけ現金を調達したいといった場合には、小口対応の業者を選ぶ必要があります。いずれにしても手数料の面で不利なファクタリングですが、業者によっては標榜している手数料にプラスして事務手数料などを加算する業者もあるため、利用する時には実際に得られる金額について確認しておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *