比較的利用しやすいファクタリング

ファクタリングは比較的資金調達がしやすい方法です。

ファクタリングは簡単にいえば売掛債権を買い取ってくれるサービスのことで、将来的に販売した商品や提供したサービスによって得られる代金の権利を売却することを指します。融資と比較すれば審査に通りやすく場合によっては即日で現金化することが可能です。また売掛債権担保融資とは異なって買取ですので、売掛先が支払い不能になったとしても弁済する義務がありません。

この点がファクタリングの強みであり、保証人や担保が不要で資金調達が可能です。一方でファクタリングはお金を借りるのと比較すると手数料が高く、売掛債権の金額に対して得られるお金が少ないのがデメリットといえます。ファクタリングにはいくつかの種類がありますが選ぶさいのポイントは手数料の明確さと契約内容の入念な確認、会社の規模です。手数料は買取という性質上、高めに設定されていますが、それでも限度というものがあります。

一般的には20%から30%程度と言われていますが、金額や信用力によっては10%以下のところもあり、あまり高いところは選ぶべきではありません。それと手数料が少なくても事務処理費用などの名目で別途手数料を請求してくるところもありますから、その点も注意が必要です。このあたりは契約書に書かれているため入念な確認をすることはもちろんですが、疑問に対してきちんと説明できるかどうかも、選ぶポイントになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *