ファクタリングのメリットとデメリットを比較して

中小企業にとって極めて重要な問題となる資金調達では、本業での利益による現金収入の他にも銀行からの融資などを利用しながら経営を安定化させていかなければなりません。

業績が好調でも手元に現金がないため追加生産をかけることができなかったり、事業拡大の好機を逸してしまったりと、悔しい思いをした経験のある経営者の方も多いことでしょう。そのためにも、なるべくスピーディーに資金を調達して経営をうまく軌道にのせていくことを目的とし、ファクタリングを利用して現金化を実行している中小企業も増えてきています。ファクタリング会社を比較していくと、2社間で実行できる場合と3社間で行う場合の大きく2タイプに分けることができます。

現金化までのスピードという観点では2社間の方が速くなり、クライアントに通知をすることが必要ないという点も2社間の大きなメリットとなります。その一方で手数料についてはやや高くなる傾向があること、審査基準は3社間よりも比較的厳しくなることが挙げられます。3社間ファクタリングの場合には、参入している会社が大手であることが多く安心感があること、手数料が比較的安く利用できることなどに魅力を感じる場合に利用をおすすめすることができます。

クライアントへの通知も問題のないという場合も、選択肢に入ってくることでしょう。いずれの場合においても、ファクタリング会社の状況や実績など、多くの点から多角的に比較検討し、よりよく利用できるところを見つけて利用するというスタンスが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *