診療報酬債権ファクタリングのメリットとデメリット

医療機関が資金を調達する方法には、銀行からの融資が一般的ですが、経営状態により銀行から融資が受けられない場合もあり、施設の資金繰りが困難をきたしてしまうこともあります。

このような状況を改善する方法にファクタリングがあります。これは、債権を譲渡して早期に資金を得るもので、医療機関であれば診療報酬債権を使って行うことができ、審査も緩く、経営状態が赤字であっても債権譲渡できるものです。診療報酬債権は、請求してから2か月のタイムラグがあり、診療報酬債権の減額などもあるので、最初の月は債権の掛け目として80%~90%の割合で行い、次に月に残りを支払うシステムです。

ファクタリングをすれば、最初に2か月分の診療報酬を得ることができるメリットがあり、資金繰りがたいへんやりやすくなります。診療報酬債権は、手形や売掛金といった債権よりも、確実に回収できる性質があり、ファクタリング業者は低い手数料で受けてくれます。

デメリットは、いずれもらえる資金を手数料を支払い先食いする行為なので、一旦導入するとやめた場合に、診療報酬がわずかしか入らない月ができてしまい、やめたくてもやめられない状態になってしまいます。銀行から融資をしてもらおうとしても、ファクタリングをしていると、経営が悪化し資金繰りに困っていると判断され融資を受けられないこともあります。通常であれば、銀行からの融資利息の方がファクタリング手数料よりも安いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *