活用前に知っておきたいファクタリングの仕組み

企業の資金調達法の1つにファクタリングがあります。

最近では医療現場等でも利用されており、ここでは診療報酬や給付金を債権化することで行われています。活用をする場合には、仕組みを理解することが重要になります。一般的に、企業の商活動においては、請求済みであっても商品やサービスの支払は指定された支払日に行われます。ここでは入金までのタイムラグが生じることになり、場合によっては運転資金等の資金繰りに影響することになります。ファクタリングは、請求済みである売掛債権を、第三者となる専門業者が買取る取引のことを指し、企業はスムースな資金への対応が可能となります。

ケースとしては、キャッシュフローでのマイナスを避けたい場合の他に、資金力で余裕を持ちたい場合があり、具体的に検討する条件としては、主な内容として、銀行などの金融機関に融資を断られた場合、売掛相手の支払サイトが長い場合、メインバンクや取引先に分からないように資金を調達したい場合などがあります。ファクタリングの流れとしては、一般的な3者間による方法では、まず最初に企業は、売掛先企業とファクタリング契約をし承諾を受けることになります。

次に買取会社と契約をし承諾を受け、売掛先企業との請求金額の確認、買取会社へ請求金額の通知が行われます。次に、買取会社と売掛先企業とで請求金額の最終確認が行われ、企業は買取会社から売掛金の支払を受けることになります。ファクタリングでは、よりシンプルな2者間による方法もあり、ここでは、企業と買取会社の間のみの契約となります。売掛金は企業側が売掛先企業から回収することで、買取会社に契約に基づき支払をする仕組みとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *