自立支援給付費債権によるファクタリングで事業拡大

障害者総合支援法関係の事業所を立ち上げる際には、巨額の資金が必要です。

特に土地から購入などを考える場合には、数千万円以上の費用がかかることも珍しくありません。

全てを自己資金で調達が出来ればそれに越したことはありませんが、通常は対応が出来ませんので、資金の借り受けを行うようになっていきます。このとき、いずれは自立支援給付費債権によって返済が見込める場合もあるでしょう。貸す側からすれば将来的に返済が見込めるものとして自立支援給付費債権を持ってファクタリングを行う場合があり得ます。

ファクタリングの活用を貸す側も借りる側も、双方にとってメリットが大きいやり方です。したがって、ファクタリングが成立しやすい傾向にあります。また、近年に行われた障害者自立支援法改め障害者総合支援法では、対象者の範囲が拡大しました。国が指定する難病患者も含めるようになったため、より回収の目処が立ちやすくなってきているのです。自立支援給付費債権のよる返済の目処がより立ちやすいと思えば、貸す側も借りる側も安心して対応が可能です。

返済の目処が立ちやすくなってはいますので、今後もこの取引傾向は拡大することでしょう。ただし、日本も人口減少へと転じています。地域によってはなかなか事業が成立しづらい可能性も出てきました。このことを踏まえて貸す側の対応が厳しくなる可能性は否定出来ません。このことを念頭に置いた対応が借りる側には求められてくるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *