ファクタリングで自立支援給付費債権の現金化

介護事業を営むには資金が多く必要になってきます。

資金面で余裕無くては介護施設の入居者へのケアも満足のいくサービスが提供できなくなってしまいます。自立支援給付費債権が現金化される時期も支払いサイトの関係で2ヶ月になってきます。2ヶ月後に入金をされるとはいっても、それまでの間も事業は継続していかなくてはいけません。資金が枯渇しているから入居者へのサービスを怠るというのも言い訳になってきます。

そのような悩みを抱える経営者の方は、自立支援給付費債権のファクタリングサービスを利用して、早期に現金の入手を検討していくのが良いでしょう。銀行に資金の借入を行なうのとは違い、担保の提供や連帯保証人の提供も必要もなく、もちろん、決算書の提供も必要もありません。ファクタリングを実施すれば、2ヶ月間も待つ必要もなく、最短で1週間以内での入金も可能になっています。事業を継続していく以上は、人件費もかかりますし、入居者へのケアも必然です。

自立支援給付費債権のファクタリングを実施して、早期に現金化を実践することで、資金調達面の悩みは消えていきます。お金のことで悩むよりは、入居者へのサービスと、従業員のモチベーションの維持に努めたほうが良いでしょう。介護施設の入居者に楽しく生活をしてもらえるサービスの拡充と、事業に従事する従業員へのモチベーション維持のための給与支払いを考えることが経営者の責務でもあります。ファクタリングで賢い資金調達を実践しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *