介護給付金によるファクタリングで事業の拡大を行う

介護保険制度では介護給付金を受け取れます。

利用者がいなければ当然受け取れませんが、事業を行う以上は正しく請求することで受け取れるものです。このとき、この介護給付金を利用したファクタリングがよく行われます。介護給付金それ自体は利用者の自己負担を除けば、残りの支給までには時間がかかるものです。請求内容の審査から支払まで、おおよそ1ヶ月程度はかかってきます。通常は毎月月末で締め切りとし、来月の10日までに国民健康保険団体連合会へと請求を行います。

国民健康保険団体連合会では、審査などを行った後に口座振り込みという形を持って支払うものです。この現金として受けとるまでに時間がかかるわけですが、その受けとる権利自体はあるわけですから、この権利を担保として資金を貸し出すものがファクタリングです。ファクタリングで貸し出す側は、いずれは介護給付金が事業所に支払われるわけですから、その支払われたお金でもって貸し付けた資金の一部を回収します。

利用者がいることで事業の継続は行われますので、貸した分が焦げ付く心配は薄れます。貸した側としては、事業所側が半永久的に事業を行えば、その期間ずっと利息収入が大きく見込めるわけです。借りた側も巨額の資金調達でより大きな事業を行えます。在宅サービスから施設へと変わっていくことも夢ではありません。資金調達をファクタリングで行うことで、その可能性と将来性が飛躍的に高まるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *