介護給付金におけるファクタリングのメリット

介護事業を行っている場合において、重要な収入源となるのが介護保険による介護給付金です。

これらは、介護保険に加入している人に対して適切な介護サービスを行ったさいに支払われ報酬ですが、これら介護給付金はサービスの内容を請求を所管する組織に申請し、審査を受けて問題がなければ支払われるというものです。このため請求を行ってから支払われるまでの間にタイムラグがあります。つまり、介護給付金は売掛金のようなものであり、このタイムラグによって介護サービスを提供した料金が遅れてやってくることになります。

潤沢な資金がある場合にはさほど問題にはなりませんが、資金に余裕がなかったり、また急に大きな出費が発生し現金を必要としたさいには資金ショートの原因になります。このさいにより早く介護給付金を得るための方法がファクタリングです。ファクタリングとは売掛債権などを買い取る仕組みのことです。もちろん、満額で買い取られるわけではなくファクタリング業者は手数料を得るため、その手数料を差し引いた金額になりますが、銀行などから借入を行うよりもスピーディーに現金を得ることができます。介護給付金は健康保険と同様に信用度の高いものですので、一般的な企業の売掛債権などと比べても低い手数料で現金化できるメリットがあります。

また素早くファクタリングで現金化することができれば、現金の資金量に余裕を持たせることが可能になり、資金繰りの改善に寄与することができます。
ノンバンクのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *