カードローンの種類は3つ

カードローンと一口に言っても、銀行、ネット銀行、消費者金融と3種類に別けることができます。

それぞれで、メリットやデメリットがあり、はじめて利用するという人はこの違いをしっかりと理解してから申し込みをすることが大切です。急にお金が必要になれば、多くの人が利用を考えるのが消費者金融です。この消費者金融のメリットは申込のしやすさです。消費者金融では全国に自動契約機が設置され、深夜まで営業しているところもあり、仕事終わりでも申し込みをすることができます。

また、大手消費者金融では即日融資が可能で、申し込みを済ませて審査に通れば自動契約機ですぐにカードを受け取ることができます。とても便利な消費者金融ですが、総量規制の対象であることや金利が高いといったデメリットがあります。この消費者金融のデメリットがないのが銀行です。総量規制は貸金業者が対象で、銀行は総量規制の対象外ということもあり、年収の3分の1以上の借入も可能となっています。

また、消費者金融と比べ金利が低く設定されているのも銀行の特徴です。ネット銀行では、カードローンでも最大金利を10%以下の商品を提供しているところもあります。ただ、銀行カードローンでは、多くが口座開設の必要があり、消費者金融と比べると融資までのスピードが劣るというデメリットがあります。カードローンを利用する時には、まず自分が借りやすさを求めるのが、お得にお金を借りることを求めるのかをはっきりとさせる必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *