カードローンの信用情報機関の種類

カードローンを利用するに当たって、審査で影響力を持っているのが信用情報機関です。

信用情報機関にはいくつかの種類がありますから、それらを理解しておくことは必要でしょう。カードローンに関するものとしてはKSC、CIC、JICCの3つがあります。KSCは全国銀行信用情報センターの略です。名前からも分かるように、銀行が中心となって作られました。銀行以外には信用金庫や信用組合など、預金を取り扱う金融機関が主なものとなっています。銀行から借りるときに影響力を持つ金融機関だと言えるでしょう。

消費者金融が利用しているのがJICCです。JISCCは株式会社日本信用情報機構の略で、消費者金融業界が作った信用情報機関です。最近では信販会社もカードローンのサービスを提供しています。信販会社というのは、クレジットカードのサービスを提供している会社などがあります。信販会社が利用する信用情報機関がCICで、正式名称は株式会社シー・アイ・シーです。

このように、金融機関によって利用している信用情報機関は異なります。注意しておかなければならないのが保証会社です。銀行のカードローンに申し込みをしたとしても、保証会社が消費者金融の場合、審査はその消費者金融が行います。ですから、この場合に利用する信用情報機関は全国銀行個人信用情報センターではなくて、株式会社日本信用情報機構であるケースが多いです。保証会社がどこなのかを確認しておいたほうが良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *