カードローンの信用情報は便利な審査基準の一つ

カードローンを実施している貸金業者では、手軽にカードの申し込みにやってくる人の適性を判断する方法として信用情報という情報を参考にしています。

貸金業者の特徴は、審査と即日融資が可能な迅速さです。それを可能にしているのが簡易的な審査なので、信用情報もそうした審査の一つということになります。ただし、簡単に審査ができるからといってその審査が消費者の信用性をきちんと判断できないのでは全く意味がありません。簡単な審査であって、しかも確実に相手の返済能力を判断できる基準でなければ意味が無いのです。そこで、信用情報という非常に便利な審査基準が貸金業者では採用されています。

信用情報は、それまで行ってきた消費者の債務の情報のことを指します。本来、消費者の行動やお金の貸し借りに関してはプライバシーの権利が発動されますので保護されて当然なのですが、お金を貸す貸金業者や金融機関に対しては債務に関する情報が提供されています。この情報は信用情報機関によってしっかりと管理されていて、貸金業者からアクセスを依頼すれば簡単に照会できるようになっているのです。

信用情報のメリットは、一目見ればその人が返済能力があるのかないのかを確認することができる点にあります。当たり前ですが、カードローンの申請段階ですでに幾つもの会社のカードローンを利用した場合には、その人は返済能力が高くないと判断できます。いろいろな会社から債務を抱えている場合には、お金を貸したとしても返済される蓋然性が低いと判断されてしまうわけです。逆に、一度もお金を貸金業者から借りたことがない人は信用情報に傷がついていない状態にありますので、非常に簡単に審査に通ることができます。
ノンバンクのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *