助成金を活用し事業資金調達

個人事業主や法人が事業資金を調達する手段としてあるのが、事業収入や金融機関からの借入があります。

事業拡大のために設備投資をするにも自己資金が必要です。事業収入から調達するとなると、創業間もない企業であれば必要資金が準備ができるまで時間がかかってしまいます。銀行等の金融機関からの借入であれば、必要資金が貯まるまでの期間を短縮できるメリットはありますが、借入金なので返済をしなければならず、利息を付けて返済をしなければならないです。借入れできたとしても事業がうまくいかず返済が困難になれば倒産を視野に行けない状況になることもあります。

事業資金の調達として他にあるのが、助成金や補助金の活用です。助成金、補助金は国や市区町村が行っている地域活性化等を目的として制度です。支援金であるためにローンと違って返済しなくてもよいお金です。助成金制度を活用するメリットは、まとまったお金が入るので事業資金調達になり、返済不要です。

助成金で事業活動をすることができるのですが、デメリットもあります。助成金申請すれば誰でも支援が受けられるのではなく審査があるので競争率も激しいです。そして使い道が限られています。助成金を受け取ったら何の事業に使ってもいいわけではなく、市町村と共同した事業であったり、被災して仕事を失った人を雇用した、駅前活性化のために事業を始めたい若手起業家育成の助成金など使途が限られています。そして経過報告や収支報告をする必要もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *