事業資金と調達する方法

事業資金とは事業を立ち上げたり、事業を運営するために必要な諸経費のことです。

企業資金や設備資金、運転資金の三つがあります。企業資金は事業の実績がないときに必要な費用で、調達先も限られます。設備資金は事業を行う上で初期投資にかかる費用でパソコンやコピー機の購入や事務所、店舗取得するための費用や登記費用等です。運転資金は仕入れや人件費などの日常に使われる費用で光熱費や家賃、通信費です。これらの事業資金を準備する前に必要なことは、必要なお金の把握や事業を明確化するためにも事業計画書を作成する必要があります。

また、どの程度の収益を上げて、金融機関から融資を受けた場合に利息も含め返済期間のシュミレーションをまとめた収支計画書も作成することも必要です。資金の調達方法は株式の発行などの自己資本による調達や社債の発行などによる負債による調達、金融機関からの借り入れなどがあります。

その中で、融資を受ける際の注意点ですが、設備資金のほうが運転資金より融資が通りやすい点や返済期間が違う点です。事業によっては設備資金と運転資金の比率をよく考えないと事業資金がうまく回らなくなってしまいます。もう一つ注意する点は、返済開始をいつからするかということです。通常融資が行われてから返済は翌月末あたりから返済が始まりますが、特別に返済期間を半年ほど遅らせることもできます。少しでも事業が安定してきてから返済開始を始められるよう金融機関に相談するのがいいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *