事業資金をつなぐ仕事こそ経営者の役割

会社を経営しビジネスを継続するためにはお金が必要です。

そのための資金のことを事業資金と言いますが、経営者がこのようなければならないのはこの事業資金を常に必要な時に必要なだけ維持するということに尽きると言えるでしょう。事業がうまくいっている時でも不足することがあるため、必要な時に調達するための手段を可能な限り増やしておくということができるかどうかが事業継続の分かれ目になることが少なくありません。

ごく一般的なイメージとしては会社が儲かっているときにお金があり、儲かっていないときにお金がないと言うものがありますが、実際には事業が順調であったとしても事業資金不足に陥ると言う事は珍しくありません。好調な場合にもビジネスを継続するために先行投資が必要な場合もあり、それらの支払いが収入に結びつくまでの間に資金不足が発生すると言う事は珍しいことでは無いのです。

そのような時にも必要なタイミングで必要なだけの事業資金を用意することができるのは能力のある経営者です。ときには銀行から融資を受けて資金を決めることもありますし、売掛債権を早期に現金に交換することができるように働きかける様々な方法を持っておくことも大切です。このような問題に対して速やかに対応することができるような人材との人脈をつないでおくことも非常に有効な対策となります。事業資金を管理すると言うのは単に儲けを出すだけではなく、先行投資を含めて必要な時に必要なお金を乱すことができるように管理をすることであると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *