事業資金を集めるの方法

事業をするための資金の集めかたをお話します。

まず自己資金です。事業資金を集めるのに、給料などから毎月計画的に貯蓄をしていく方法。次に家を売却し資金に充てます。この方法は入金までかなり時間を要しますので計画的に行いましょう。退職金を事業資金に充てる方法です。通常、退職金が受け取れるのは、退職後1週間から、1ヶ月程ですので、時前に確認しておきましょう。株式や投資信託の売却で資金を作ります。保有している場合できる方法です。但し、売却するときは相場の変動がある為、注意が必要です。生命保険を解約して解約金を事業資金にします。

これは掛け金より目減りする可能性があるので、注意が必要です。身内から贈与を受ける方法です。非課税枠が110万円までなので贈与学をそれくらいに抑えるのも1つの方法でしょう。次に創業融資は、自己資金賄えない部分を国や地方公共団体の公的資金を借入する方法です。日本政策金融公庫の新創業者融資制度・都道府県・市町村などの融資制度・日本政策金融公庫の中小企業経営強化資金です。

無担保無償のものや保証人がいらないものもあり、また、担保もいらないものもあり、経営者に使いやすい制度です。次に助成金は、雇用の課題に着手する事業者に一定額の助成をする制度となります。トライアル雇用奨励金・高齢者雇用安定助成金・キャリアアップ助成金ですが、金額が決められていて、一定の要件で受給できます。セミナー参加や専門家を見つけておくのも良いでしょう。あとはクラウドファンデングがあります。インターネットなどを通じ小額の集める方法です。どの程度集まるかは予測がつきにくいので、公的資金の補完的な役割の位置づけが良いでしょう。事業に合わせたお金の集め方をすると良いでしょう。参考になれば幸いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *