起業する前に覚えておきたい事業資金

起業するさいには、少なからぬお金が必要です。

また起業すれば経理処理を適切に行い税務処理をしなければなりません。経理処理を行うさいに覚えておきたいものが事業資金の扱いです。税金は得られた収入に対して、その収入を得るのに必要とされる経費を差し引いた金額が課税される対象となります。株式会社など法人化すれば法人が独立して会計を行うことになりますが、個人事業主の場合には、生活資金と混ざってしまうこともあります。このため事業を行うさいには生活資金と事業資金を分けることが必要です。

事業資金は、事業にかかるもので可能であれば私用で使うものと仕事で使うものは分けておくことが大事です。特に現在では欠かせない携帯電話は私用と仕事が混在しやすいものですし、自宅で仕事をしていると光熱費も同様です。明確に分けることが難しいですが、税務申告をするさいにどれだけの割合で利用したか証明できるようにしておくことが大事です。また事業を行っている場合には資金のやりくりに苦労することもあります。

このような時に自身の貯蓄から出すということも可能ですが、自身が消費者金融やカードローンを使って補うことは規約で禁じられています。このため事業資金にも使えるローンサービスを利用することが大事です。特にカードローンと同じような性質のものとしてビジネスローンがあり、事業が順調であれば事前に利用できるようにしておき、事業資金が不足した際に補えるようにしておくと、資金ショートを回避することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *