事業資金の調達には国金を利用しよう

さて、一念発起して開業をしよう。

と思って動き出すと、必ずついてまわるのがお金の問題ですね?事業を起こす内容にもよりますが、事業にかかるお金を自分の貯金から捻出するのはなかなか厳しいと思います。そこで事業資金を融資によって調達するという方法が一般的とも言われております。もちろん、融資なので、この事業資金は借金ということになりますが、きちんと返済できるプランを設計する必要があります。融資先は銀行などもありますが、日本政策金融公庫(国金)という国の機関であれば利息も安く、審査が比較的通りやすいです。

特に重要になってくるのが事業計画書と開業場所です。それによって事業資金を融資によって調達し、しっかりと返済されるのかを審査基準にしています。開業後7年間サポートしてくれますが、ちゃんとしたビジネスを行うものにしか貸付しないので安心感がありますね?窓口も各都道府県に存在し、直接足を運ぶことが難しくないだけでなくこれから経営をしていくうえでのサポートや支援などといったことを、無料でやってくれるというのも国金を利用するメリットの一つでもあります。

但し国金での事業資金の融資の内容によっては、開業資金の半分は自己資金である必要があったり、リスクを下げるために6年以上勤務したサラリーマン時代の会社と同業でなければならなかったり、開業後3年以内に一定数の従業員を雇わなければならなかったりと、銀行からの融資とは違う条件もありますので、しっかりと比較する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *